現在のページ:TOPページ ≫ 病院機能 予防接種センター

病院機能

予防接種センター

- vaccination center-

予防接種センターの目的

兵庫県から予防接種センター機能を付与する機関としての指定を受け、基礎疾患を有する予防接種要注意者であっても安心して予防接種が受けられる体制を整備し、予防接種率の向上を図るとともに健康被害の発生の防止に万全を期することを目的とします。

また、予防接種に関する知識や情報を提供する等、予防接種に対する安全を確保することに努めます。

事業概要

予防接種事業

予約 毎週月曜日~金曜日(祝日を除く)9:00~17:00
※予約には原則、医療機関からの紹介が必要です。
接種 毎週水曜日(祝日を除く)13:00~16:00
※接種にあたり、予め診察が必要です。
 よって、最低でも2回は来院していただく必要があります。
1回目:診察 状態把握(基礎疾患、アレルギー等確認)、ワクチンの手配
2回目:接種

予防接種に関する医療相談

感染症や予防接種に関する患者・ご家族様からの相談
火曜日(祝日・年末年始(12月29日~1月3日)は除く)
時間 15:00~17:00
医療機関従事者からの相談
平日(祝日・年末年始(12月29日~1月3日)は除く)
時間 15:00~17:00

予防接種に関する医療従事者向け研修(開催済)

講演会
日 時 平成30年2月3日(土)9:00~16:30
     2月4日(日)9:45~15:00
場 所 兵庫県立こども病院 本館2階 講堂・北館2階 教育研修室
内 容

「予防接種基礎講座」


予防接種の基本知識・基本手技13項目

【1日目:基礎講習】
予防接種の目的:政策とスケジュール/免疫システムとワクチンの働き/ワクチンで予防できる疾患/地域でできる感染予防/要注意者、禁忌/予防接種後の有害事象・対応と報告/健康被害補償制度/誤接種を含めた事故を予防するための工夫/ワクチンの在庫管理/ワクチンの接種記録、自己管理の支援

【2日目:実技・演習】
演習:接種スケジュールの再調整・個別因子/事例:接種後の急変時対応・スタッフ教育~アナフィラキシー・迷走神経反射対応を含めて/演習:実技確認 接種法、抑制法/事例:当事者・保護者コミュニケーション
講 師 独立行政法人国立病院機構三重病院 菅 秀 副院長
山城小児科医院          山本 千尋 院長
淀川キリスト教病院        中河 秀憲 医師
兵庫県健康福祉部健康局疾病対策課 大岡 徹彦 副課長
県立こども病院 医師       笠井正志、松井鋭、伊藤雄介、
                 倉橋幸也、張慶哲
        看護師      鳴滝由佳 他
参加者 2月3日 36名 、2月4日 25名
※実人数37名(医師16名・看護師11名・保健師等10名)

スタッフ

(平成30年4月現在)

小阪嘉之 副院長(診療支援担当)
笠井正志 感染症内科部長
谷本江利子 看護部次長
鳴滝由佳 感染管理認定看護師
山田真人 薬剤師