現在のページ:TOPページ各部門看護部 ≫ 教育体制

各部門

看護部

- nursing department -

教育体制

教育理念

病院・看護部の理念をふまえ、高度専門的医療に対応し質の高い看護が提供できる豊かな人間性を備えた看護師を育成する。

こども病院教育方針

高度専門的な母子看護の知識・技術を持ち、エビデンスに基づいた看護実践が出来る看護師の育成
こどもの権利を守り、患者家族の思いを尊重できる看護師の育成
チーム医療の調整役として行動できる看護師の育成
研究的視点で看護実践の改善がはかれる看護師の育成

新人看護師教育

主体的に学び成長していけるように支援します

新人看護師への教育は、病院の年間計画に沿って、集合研修と現場での学習やケア実践、リフレクションを繰り返し、経験を積み重ねながら段階的に学んでいく形になっています。県立病院には教育専従の看護師長が配置されており、新人看護師が安心して学べる環境を整え、成長を支えます。また、臨床心理士やリエゾン精神看護専門看護師による心の支援体制もあります。

各部署への教育担当者の配置とプリセプターシップ

新人看護職員研修ガイドラインに基づいて、各部署に教育担当者を配置し、スタッフ皆で新人看護師を支援する体制をとっています。また、プリセプターは、身近な先輩として相談相手となったりケアの指導をするなど、安心して学べる環境を整えます。

スパイラル学習

集合研修と現場でのOJT、自己学習をスパイラルさせた教育を行っています。集合研修では、根拠に基づいた正しい技術が習得できるよう演習を交えた研修を行い、各部署では、集合研修で学んだ知識と技術を統合してケアが実践できるように支援します。

新人看護師教育年間プログラム(平成29年度)

【年間目標
1.社会人・看護師、また県職員としての自覚をもち職業人として行動できる 
2.病院・病棟で自分の役割を認識し、メンバーの一員として主体的に行動できる 
3.手順にそって、指導をうけながら基本的な看護技術、病棟における特殊な看護技術を実践できる 
4.子どもと家族の権利について考えることができる

4月
小児・母性の特徴と看護
安全・感染防止
清潔・排泄ケア
与薬システム
輸液・モニター管理
スキンケア
リフレクションなど
5月
子どもの栄養・摂食
薬剤管理
呼吸生理
周手術期看護
小児・産科麻酔
鼻口腔内吸
経管栄養など
6月
救急蘇生
気管内吸引
子どもの権利
プレパレーション
褥瘡・ストーマケア
理学療法など
7月
妊産褥婦心理
家族看護
地域連携
CV・PI管理など
8月
多重業務

9月
技術発表
安全・感染フォローアップ
継続看護など
10月
看護過程
他部署研修
(~2月)
11-12月
フィジカルアセスメント研修
3月
看護を考える
集合写真
沐浴
経管栄養

心電図モニター
輸液ポンプ
シーネ固定

鼻口腔吸引
救急蘇生
救急蘇生2

看護師教育

平成29年度 看護部集合教育企画
2年目
PDF[58.6KB]
3年目
PDF[60.7KB]
既卒
PDF[54.3KB]
ラダーⅠ・Ⅱ
PDF[55.7KB]
ラダーⅢ・Ⅳ
PDF[59.3KB]
看護研究
PDF[53.1KB]
役割研修
PDF[53.6KB]
スキルアップ(CN)
PDF[120KB]

新人看護師教育

平成29年度新人看護職員年間集合研修企画一覧
新人フォロー研修
PDF[169KB]
  • 組織
  • 成長発達への支援
  • 質の高い看護を目指して

  • CNS紹介
  • CN紹介
  • 教育体制

  • 採用情報