現在のページ:TOPページ ≫ 研修・採用情報 | 麻酔科専攻医募集

研修・採用情報

麻酔科専攻医募集

- anesthesiology department physician recruitment -

募集要項

当病院は、小児・周産期医療専門病院で、9人の麻酔科常勤医および数名の専攻医で年間約4500件の小児症例、200件の産科症例の麻酔を行っています。見学は随時可能ですので下記e-mailまでご連絡ください。

応募資格 2年間の卒後臨床研修終了もしくは終了見込みの者。麻酔科医としての経験が1年以上あることが望ましい。
勤務内容 小児・産科の麻酔(カリキュラム参照)
身分および待遇 兵庫県臨時的任用職員として採用。宿舎あり。麻酔科標榜医・認定医・専門医・指導医には麻酔時間・件数・資格に応じた手当てがつきます。
期間 2年コース
選考方法 筆記試験,面接,書類審査による総合評価
応募必要書類 願書(含む履歴書) 研修歴・勤務歴 志望理由
推薦書(必須ではありませんが、推薦者があれば添えてください。)
出願期間 平成28年8月22日(月)~9月30日(金)
選考日 平成28年10月16日(日)10:00より
選考場所 兵庫県立こども病院2F講堂
合格発表 平成28年10月末(郵送にて通知)
書類提出先および問合せ先 兵庫県立こども病院 総務部総務課(専攻医公募係)
〒650-0047 神戸市中央区港島南町1丁目6-7
TEL:078-945-7300
FAX:078-302-1023
E-mail: kodomo_hos@pref.hyogo.jp
麻酔科専攻医についての
質問宛先
兵庫県立こども病院麻酔科 香川哲郎
E-mail: kagawa_kch@hp.pref.hyogo.jp

お申し込みご希望の方は、上記ボタンより、『平成29年度兵庫県立こども病院専攻医採用願書』をプリントアウトし、必要事項をご記入の上、下記受付先まで郵送してください。

ご案内と見学希望の方へ

当院麻酔科では新生児手術、小児開心術、日帰り手術、血管造影、緊急帝王切開術など、一般病院では扱いにくい症例を数多く手がけており、スタッフが基本から指導します。研修に来る先生方は、神戸大学、香川大学、大阪医大、大阪市大、兵庫医大など近隣の大学から、あるいは兵庫県立尼崎病院麻酔科専門医プログラム所属の麻酔科医として、あるいは広く全国各地から公募で来られており、多くの異なる考え方に接したり、思いがけない人脈が広がったりします。研修後は希望や適性に応じて、当院スタッフとして勤務していただくことも可能ですし、兵庫県立病院を含めた多様な進路を紹介できます。興味を持たれた方はぜひご一報ください。
見学に際してはe-mailにてご連絡ください(院内感染予防の点から流行性感染症の調査を行わせていただいております)。

流行性感染症調査について

研修生の声

森 悠
(平成20年卒)

幅広い小児麻酔を基礎からキチンと経験したいと思い、当院の専攻医コースを希望しました。
専攻医コースが始まる前は3年間以上小児麻酔を行っておらず、不安もありましたが、小児のマスク換気、気道確保、静脈路確保を基礎から丁寧に教えていただきとてもよかったです。
また、小児心臓外科、気道困難症例も経験できたいへん勉強になります。
当院には、幅広い小児手術が数多くあり、スタッフの先生方が丁寧に教えてくださるため小児麻酔を経験したい方にはお勧めだと思います。

藤原 孝志
(平成22年卒)

私は兵庫県立病院麻酔科医総合研修システムに参加し、平成27年4月から当院で研修しています。
小児専門病院なので当たり前ですが、毎日のように小児麻酔の担当になります。
当院での研修前は小児麻酔の経験はほとんどなかったので、研修開始時は毎日が不安でいっぱいでした。
しかし、丁寧に指導してくださる指導医の先生方や全国から研修に集まってくる同僚たちのおかげで楽しく研修できています。
定期的に部長との面談もしてもらえるので、自分のペースに合わせて経験を積んでいくことが可能です。
小児麻酔ばかりの1年もいいものですよ。
また、兵庫県立病院麻酔科医総合研修システムでは当院以外の総合病院・専門病院を選んで研修できるので、ぜひ研修の選択肢に考えてみてください。

麻酔科スタッフ募集

麻酔科スタッフ(常勤医)の募集も、随時行っております。ある程度の小児麻酔の経験を持ち、安全・快適な麻酔を行うという理念に共感できる方は、ぜひ一緒に働きましょう。まずは上記問合せ先までご連絡をお願いします。