現在のページ:TOPページ各部門薬剤部 ≫ 院外処方せんについて(患者向け)(保険薬局向け)

各部門

薬剤部

- pharmaceutical department -

院外処方箋について(患者向け)

病院や診療所で処方箋をもらった場合は、「かかりつけ薬局」を決め、すべて一つの薬局でもらうようにすることをおすすめします。一つの薬局ですべての薬をもらうことで、病院からのお薬以外にも市販の薬やサプリメントなど、現在服用しているすべての薬が把握でき、専門的な立場で飲み合わせのチェックや市販薬を含めたさまざまな相談に応じてもらえます。

かかりつけ薬局では薬歴簿(今までの薬の服用の記録)をつけ、同時に過去にアレルギーなどの副作用が出た薬を記録し、今回出された薬が安全かどうかをチェックしています。

当院では院外処方箋推進のために、患者向けパンフレットを作成していますのでご覧ください。

院外処方箋について(保険薬局向け)

院外処方箋に関する問い合わせについてのお願い

疑義照会手順

当院発行の院外処方箋に疑義がある場合は、当院にお電話いただき、以下のとおり内容に応じて該当する呼び出しを依頼して下さい。

相談内容 対応部所
処方内容に関すること 処方医
調剤に関すること 薬剤部
なお、当院の調剤内規等についてはこちらをご覧ください。
保険に関すること 医事課
当院では、賦形剤としてEFC乳糖(乳糖「ホエイ」EFC;マイラン製薬)を使用しています

処方内容に変更が生じた場合

変更後の処方箋、及び疑義照会内容を薬剤部にFax送信してください。

兵庫県立こども病院 薬剤部

  • FAX  / 078-945-7310 まで。

調剤過誤が発生した場合

保険薬局で調剤過誤が発生した場合は、発見後すみやかに保険薬局から薬剤部へ電話連絡をするとともに、調剤過誤概要報告書(様式1)及び当該処方箋を提出してください。
また処理がすべて完了後、調剤過誤報告書(様式2)を提出してください。


後発医薬品調剤報告書による情報提供について

後発医薬品の情報提供について、従来は後発医薬品の変更調剤されました場合に、当院へのFAXによる情報提供をお願いしておりましたが、今後は不要とさせていただきます。(一般名処方の変更を含む)。患者様に対する「お薬手帳」や「お薬説明書」での情報提供を徹底していただきますようお願いいたします。

調剤薬局との連携について

調剤薬局、当院薬剤部間の情報共有について

(1)調剤薬局から当院へ情報提供いただく場合

患者さんから聞き取ったアドヒアランスに関する情報など、即時性は低いが処方医師へフィードバックしたほうが良い情報について「施設間薬剤情報提供書①(調剤薬局→病院)」で情報提供願います。

下記書式をダウンロードして、必要事項をご記入いただいたあと、当院薬剤部宛にFAX送信してください。
(送信先:FAX 078-945-7310)

施設間薬剤情報提供書①(調剤薬局→病院)書式:【PDF版】【Word版】

施設間薬剤情報提供書①(調剤薬局→病院)の流れ

注意事項
施設間薬剤情報提供書①(調剤薬局→病院)による情報伝達は疑義照会ではありません。疑義照会及び即時性の高い情報は処方医師に電話連絡(TEL:078-945-7300)をしてください。

(2)当院薬剤部から調剤薬局へ情報提供する場合

入院前の内服薬を変更又は中止した患者さんについてその理由や変更後の状況等を患者さんの同意を得た上で、「施設間薬剤情報提供書②(病院→調剤薬局)」を用いてかかりつけの調剤薬局に情報提供させていただくことがあります。情報提供書は基本的にFAX送信しますが、かかりつけ薬局がない又は不明の場合は患者さんに持参いただきます。

調剤薬局様からの返答は基本的には不要ですが、追加情報やその他何かありましたら、上記施設間薬剤情報提供書(トレーシングレポート)にて、当院薬剤部へFAX送信願います。